様々なアレルギー

更に、ネコちゃんは、たまご、乳製品、 大豆などによってアレルギーを起こすことがあります。意外と多くのたまごがキャットフードには含まれているようです。栄養強化のために配合されているようですが、ネコちゃんがたまごアレルギーという場合もありますので注意をしましょう。プレミアムキャットフードというレベルの高いキャットフードにもそのようなものが含まれている可能性がありますので、注意をしてください。

そして大豆にも注意をしなければなりません。穀物を不使用というキャットフードに買い主さんが安心していれば、そのようなキャットフードに対して、大豆が使用されている可能性があります。肉やトウモロコシに比べればアレルギー症状を引き起こす可能性は低いと言われていますが、ゼロではありません。

更に注意をしなければならないのは、合成添加物です。BHT・赤◯号といった人工の合成添加物にも注意をしましょう。そのようなキャットフードは、一週間、一ヶ月程度食べたにしても何も変化など起こらないです。しかし長年、そのようなキャットフードを与え続けることで、内臓の機能がどんどん弱くなっていくでしょう。結果、外部から入ってきたアレルゲンに対して免疫の機能が上手に働かないという間接的影響を受けることになります。

肉のアレルギー

グレインの中でも、「小麦」「トウモロコシ」は、アレルギー発症のリスクが高いと言われています。しかし、買い主さんが家計が大変だからといって、安いキャットフードを購入してしまえば、必ずと言っていい程、「小麦」「トウモロコシ」が含まれているリスクがあります。

穀物アレルギーのネコちゃんを健康的に育てて行きたいというのなら、価格が高いという問題はなんとかやりくりしてグレインフリーの選択をしてください。

本来、ネコちゃんはお肉が大好きなはずです。しかし、最近では、肉に対してアレルギーを起こすネコちゃんもいるようです。「チキン」や「ポークミール」、「ビーフエキス」と言ったものがキャットフードにはよく含まれています。鳥、牛、豚のような肉によってアレルギーが起こることになり、動物性たんぱく質でネコちゃんがアレルギーという場合には、 これまでに食べていない原材料のキャットフードを一度試すようにしてください。カンガルー、ラム、ウサギなどを原料としているキャットフードなどを見付ければ、アレルギーが出ない場合があります。ただし、それも絶対ということではなくて、最初だけアレルギーが出ないけど、後々出てきてしまったということもあるようです。

グレインフリー

可愛いネコちゃんがアレルギーを起こすかもという配慮もやっぱり買い主さんに必要になってきます。なぜならネコちゃんでは、自分でアレルギーの対策など何一つ取ることが出来ないのです。買い主さんがそのようなネコちゃんをそのまま放置しておくことで、病気になって長生きが出来なくなってしまうかもしれません。

当然、買い主さんがあげているキャットフードに対しても配慮が必要です。ネコちゃんは、なんでも食べてくれるイメージも買い主さんは持っているかもしれません。しかし、実際にはそうではありません。買い主さんが思っている以上、アレルギー体質のネコちゃんは多いと言われています。

キャットフードに対しても、アレルゲンとなる食品が含まれている場合が多いということを考慮しなければなりません。キャットフードの中には栄養価のある原材料もあり、アレルゲンだからといって悪害ではありまん。ネコちゃんにとって、アレルゲンの一つは、市販のキャットフードにとても高い確率で含まれている、グレイン(穀物)です。可愛いネコちゃんには、やっぱりグレインフリーのペットフードを考えてあげるべきです。

関連サイト|カナガン|イギリス直輸入!グレインフリープレミアムキャットフード通販

もしも、ネコちゃんが肉アレルギーというのなら、魚のキャットフードを与えればいい訳ですが、グレインアレルギーというのなら、グレインフリーという発想以外何もありません。

猫ちゃんのアレルギー

可愛い猫ちゃんが、 発症しやすいアレルギーとはどのようなものなのでしょうか。ネコちゃんも人間も変わらないのです。ネコちゃんにだって、食事によってアレルギーが起こることがあります。食事過敏症と言われるものがそれであり、ネコちゃんの年齢、性別、血統ということには関係がなく、顔や首に皮膚炎の症状が出てしまうことになります。脱毛等の皮膚炎も起こることがあります。

しかし、ネコちゃんがアレルギーになったとき、食べ物の原因を究明するってかなり難しい問題です。アレルギーが出やすいネコちゃんと分かった場合には、 低アレルギー性のキャットフードに変えたりということが必要です。食事を全く別のモノに変えて様子を見るというのも大事なポイントです。

可愛いネコちゃんのことだからこそ、アレルギーの心配もしなければなりません。なんと、アレルギーが、 ノミ取り首輪の薬品などで起こってしまうこともあるようです。接触性皮膚炎と呼ばれるものです。そして、ネコちゃんもアトピーになると言います。かゆみが出て、爪で傷をつけてしまったりして、どんどん皮膚に傷が出来て悪化してしまうことになります。ノミの唾液に過敏に反応することによって現れるノミ・アレルギー性皮膚炎にも注意が必要です。そして、このようなアレルギーによって、ネコちゃんが、アナフィラキシーショックを引き起こす可能性も充分考えることが出来ます。

買い主さんは、ネコちゃんがアレルギーと気付いたら、なんらかの対策を取る必要があります。